本文へ移動

社協日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

錦が丘地区買い物支援プロジェクト始動!

2021-04-27
 誰もが住みやすい地域を作っていくことを目的として開催している「地域支え合い会議」の中で、錦が丘地区の方から中心市街地への直通バスがなく、買い物に不便さを感じていると声があがり、今年度機能訓練型デイサービスEast-Oneのご協力のもと、一年間買い物支援プロジェクトを実施することとなりました。
 この錦が丘地区買い物支援プロジェクトは、一人で買い物にでかけることが難しい高齢者等を対象に、協力事業所の車両に乗り合わせて、自宅とイトーヨーカドー間の送迎をするという内容です。
 初回の4月19日(月)は7名の方が参加されました。皆さん当日までとても楽しみにされていたようで、買い物リストを作成して準備万端で臨まれていました。同じ地区にお住まいでも知らない方同士でしたが、車中で美味しいお米の情報交換等をされたりと、今回参加したことにより同じ町内会の中で新たに顔見知りができたことだけでもとても意義があると聞かれ、参加者同士の交流も弾んでいました。
 当日、静岡中央高校東部キャンパスボランティアサークルの2名が参加し、お米やお水などの重い荷物を運ぶ手伝い等をして頂きました。
 買い物時間は1時間と短い時間ではありましたが、参加者の皆さんから「助かった、とても楽しい時間だった」等の言葉が聞かれました。   
   この取り組みは買い物支援モデル事業として錦が丘地区で一年間実施していきます。移動や外出手段の確保が困難で日常生活の買い物に不便を感じている高齢者が、健康的で生き生きと地域で暮らし続けることができるように支援していきます。
 
 
 

自然災害発生時における災害ボランティアセンター支援に関する連携協定を締結しました

2021-04-26

令和3年4月23日、三島市社会福祉協議会と三島ライオンズクラブは「自然災害発生時における災害ボランティアセンター支援に関する連携協定」を締結しました。

社会福祉協議会は自然災害発生時に三島市と連携して災害ボランティアセンターを立ち上げることとなっています。今回の連携協定によりボランティアセンターの充実、強化が図られ、被災者支援がより迅速かつ的確に行われる事が期待されます。

今後、この連携協定がいざという時の地域の皆様の安心につながるよう平素から情報交換を行い円滑に運用できる体制を構築していきます。

【主な協定内容】

(1)災害ボランティアセンター及び災害ボランティアの活動拠点に必要な設備及び災害ボランティア活動に必要となる資機材等の提供

(2)ボランティア等の移動や活動等に利用する車両(バス、軽トラック等)の提供

(3)ボランティア等が利用する駐車場等の提供

(4)ライオンズクラブの会員が有する専門性を活かした人的・物的支援の提供

(5)ボランティアを対象とした飲食物(炊き出しや飲料)等の提供

(6)その他、両者の協議により災害ボランティアセンター及びボランティアの推進に必要とされた支援の提供

ご寄附をいただきました

2021-02-25

鈴木工務店協力会様より「三島市の社会福祉に幅広く役立てていただきたい」と寄附金と防災備蓄食料品の寄贈がありました。協力会チャリティボウリング大会の参加者からの浄財等を継続的にご寄附して下さっています。本年は、コロナ禍によりボウリング大会等は中止されましたが、会費等の一部を今回本会へご寄附して下さりました。

また、多数のビスケットやカンパン等の防災備蓄品の寄贈もありました。社会福祉のために幅広く役立たせていただきます。

 

フードバンクに食料の寄贈をいただきました。

2021-01-29

三島商工会議所女性会様より、フードバンクに寄贈する食料をいただきました。

会員の各家庭にある賞味期限等を確認した食料を集め、缶詰めやインスタントラーメン等全体で食料122点集まりました。2年前から始められた取り組みになり、今年も多くの商品を寄贈していただきました。

食品類は、本会を通して特定NPO法人「フードバンク ふじのくに」へ寄贈させていただきます。ご協力していただき、誠にありがとうございました。

 


フードドライブへのご協力ありがとうございました。

2021-02-03
 令和3年1/4~1/31の期間に、
  フードドライブを実施しました。
 
 合計9箱、約100キロになる食糧が集まりました。
 
 ご協力していただきました食糧は、
 『フードバンクふじのくに』へ
 寄付をさせていただきます。
 
 今回も沢山のご協力をありがとうございました。
0
9
7
7
4
4
TOPへ戻る