福祉教育事業

概要

共に生きる社会にむけて、福祉の心を育みます
 
 福祉教育は、身の回りの人々や地域との関わりをとおして、そこにどのような福祉課題があるのかを学び、その課題を解決する方法を考え、解決のために行動する力を養うことを目的としています。福祉教育の場では、地域に暮らす、障がいのある人や高齢者を含めた様々な人々と関わり、学ぶことを通して、多様な生き方にふれ、命の大切さや思いやりの心、相手を理解しようとする豊かな心を育むことができます。

実施項目

講師連絡会の発足
地域で生活している障がいのある方やボランティア団体に対し、福祉教育の講師としてご登録いただき、福祉教育活動の担い手として活躍していただきます。
福祉教育メニューの作成
学校や地域住民、企業等が、より福祉教育を取り入れやすくできるように、登録講師の紹介やプログラムの紹介、福祉教材の提供等について明確化します。
学校に向けた福祉啓発の実施
「生活の中で課題をみつけ、調べることをとおして理解し、仲間と共に気づき高め合う」ことを意識したプログラムの実践を行います。
地域住民を対象とした福祉啓発の取り組みの支援
地域が抱える生活課題を発見・解決するために福祉啓発講座を行い、講師やプログラムの紹介、資機材の提供等の支援を行い、マンパワーを育成していきます。
企業に向けた福祉啓発の実施
企業に対する福祉啓発を進めるため、福祉教育メニューを活用して、新入職員やリーダー等の社員向けの研修会や勉強会等の支援を行います。
当事者による福祉教育講演会
当事者の方を講師に迎え、講演をしていただきます。当事者の方を取り巻く環境や自分たちができること(支えられること)についての理解を深めてもらい、地域の支え合う仕組みづくりについて推進していきます。